前の記事 » 
次の記事 » 

12月でやるべき受験勉強と勉強時間&やる気が出ない日の対処法

  公開日:2019/12/06


※この記事は約4分で読めます。

センター試験や二次試験が迫る12月は、どのような勉強と勉強時間が必要なのでしょうか?12月は基礎固めを終えて演習に移る時期ですが、科目によって勉強量のバランスを整える必要があります。今回は、12月に必要な受験勉強に加え、受験直前に起きやすい、やる気が出ないときの対処法と受験に備えた12月の過ごし方について解説します。

12月にやるべき勉強と勉強時間

12月は翌月に迫るセンター試験対策を中心に、二次試験と私大の過去問を組み合わせて勉強します。そこで、具体的な勉強内容と勉強方法、必要な勉強時間について見ていきましょう。

センター試験は目標を超えることが重要

センター試験の演習をする際は、目標を上回る点数を取れるよう、演習を重ねることがポイントです。受験当日は誰でも緊張するもので、模試や自宅で演習した結果よりも点数が下がる傾向があります。この傾向を見越して対策しておくと、受験当日で思った点数が取れるはずです。目標を超えるためには、最低でも過去5年分の過去問を解き、予想問題集をこなすといいでしょう。

センター試験・二次試験は科目ごとに対策する

国公立や私大受験でセンター試験を利用する場合、過去問を解いて目標の点数が取れるかをチェックし、強化したい科目ごとに対策することがポイントです。たとえば、全体で8割が目標で、ある科目が5割程度しか取れない場合、その科目を重点的に勉強して目標に近付けましょう。センター試験は基礎を問う問題が多いため、解けなかった問題の基礎をおさらいすると効果的です。

また、センター試験と二次試験で共通する科目で、二次試験の過去問が解ける場合、センター試験対策は問題の確認程度にとどめるだけで対応できます。試験までの時間が迫っている12月は、苦手な科目を過去問で洗い出し、重点的に勉強するようにしましょう。

苦手科目を一気に勉強する

これまで後回しにしてきた苦手科目は、12月中に一気に勉強して、各教科の仕上がりのバランスを整えましょう。一気に勉強すると全体像がつかみやすくなり、苦手意識の克服につながります。1日中1つの科目に絞って勉強する、期限を決めて過去問演習を終わらせるなど、集中的に行うことがポイントです。

12月の勉強時間

12月の勉強時間は、平日で3~6時間、休日では8~10時間ほどが目安となります。ただし、受験勉強は「量」より「質」が重要なので、単純に時間が多ければいいわけではありません。これまで紹介した勉強法を取り入れ、足を引っ張る科目をなくすことが大切です。

12月なのにやる気が出ない…そんな日はどうする?

12月の直前期でも、やる気が出ない日があるのは当然のことです。もしも勉強のやる気が出なくなったら、とにかく何でもいいので、自分の好きなところや取り組みやすいところから勉強することが重要です。 人間は何かに取りかかると脳が活動を始め、やる気を生み出すという働きがあります。つまり、やる気は行動によって後からついてくるので、英単語を書く、ノートを見返す、復習をするなど、簡単なことでいいので手を動かしましょう。

本番直前の12月の過ごし方

受験本番が近付く12月は体調を崩しやすい時期です。受験を万全のコンディションで挑むためには、体調管理もしっかり行いましょう。

朝からスタートする試験で頭が回る状態にするため、早寝早起きで生活リズムを朝型に整えることがポイントです。また、風邪やインフルエンザを予防するため、うがい手洗いを徹底する、3食しっかり食事をとる、睡眠を十分にとるなど、規則正しい生活を心がけましょう。 また、直前のさらなる追い込みをかけるため、冬期講習の参加を考える受験生も多いでしょう。冬期講習は受験生にとって魅力的な講座が数多くありますが、あれこれと受講すると勉強が中途半端になる可能性があります。苦手科目や点数を伸ばしたい科目など、必要なものに絞って受講しましょう。

12月は過去問を中心に対策を行い、試験の追い込みをかけよう!

試験直前期の12月は、センター試験と二次試験対策、私大の過去問対策を中心に勉強しましょう。設定した目標に到達するかをチェックし、科目ごとに対策を取ることが有効です。やる気が出ない日はとにかく手を動かす、体調管理でコンディションを整えることが、12月を有意義に過ごすポイントです。

12月~1月にさらなる追い込みをしたい場合、冬期講習に参加すると自信を持って受験に挑めます。四谷学院は1科目、1コマから受講できるうえに、より実践的な授業が受けられるのが大きな強みです。点数が足りないと感じる受験生は、資料請求で四谷学院の冬期講習をぜひ確認してみてください。


 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  アドバイス  

無料個別相談会
資料請求はこちら
無料個別相談会

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ