四谷学院個別指導HOME  >  公立・私立高校受験情報  >  愛知県

愛知県の高校入試のシステム・受験情報

※本ページは、愛知県教育委員会HP内の入試要項や各高校の募集要項等を参考に作成しております。受験する際には必ず、最新の情報を確認するようにしてください。

県立高校入試私立高校入試

県立高校の入試システム

愛知県の県立高校入試には、推薦選抜と一般選抜があります。居住区域によって尾張学区と三河学区の2学区に分かれ、加えて学区ごとにAグループとBグループとに分かれます(尾張学区は1群と2群に分かれており、各群でAグループ、Bグループの合計4グループに分かれています。1、2群共通校もあります)。

各学区の境界に近い市町に居住している場合は、居住する学区内の高等学校に加え、学区外で通学可能な高等学校(指定あり)に出願できます。

推薦選抜と一般選抜の面接実施日は、同じ日(3月上旬)で実施されます。一般選抜は学力検査に加え、入学志願者全員に対し、面接が行われます。

推薦選抜の特徴

中学校長から提出された推薦書や調査書等の内容と面接の結果をもとに選抜します。推薦選抜では学力検査の成績は用いませんが、もし推薦選抜で合格とならなかった場合には一般選抜の対象となるため、学力検査も受験します。

一般選抜の特徴

Aグループから1校、Bグループから1校の合計2校が受験可能(どちらか1校のみ受験でも可)であるため、第一志望・第二志望の区別をして出願します。学校によっては第一志望あるいは第二志望者が集中し、玉突き現象の影響を大きく受けたりと、受験生の流れや難易度がつかみにくいことが大きな特徴です。
中学校長から提出された調査書の評定合計(9教科×5=45点を2倍した数値。傾斜配点を行う学科もある)と学力検査(5教科22点満点×5=110点満点)の成績をもとに校内順位(一般選抜募集人員内にある者を「A」、これに属さない者を「B」)を決定します。校内順位づけは、「A」「B」の順で決定し、「A」は調査書の評定合計と学力検査の結果を同等とみて行われます。「B」については、各高校があらかじめ選択した3つの方式のいずれかと、面接結果等と合わせて順位づけが行われます。
第一志望・第二志望の両校とも合格の場合は、第一志望校に合格となり、第二志望校の合格者からはずれます。第一志望校で合格圏外になった場合、第二志望校で合格圏内に入るかどうかは校内順位をもとに判定されます。
志願倍率は、第一志望・第二志望別でそれぞれに発表があり、その後、志願変更期間が設けられています。この期間中は1回のみ、学校を変更することができます (普通科の場合、志望変更は①同一群内で、②第一もしくは第二志望校のいずれか1校のみ可能)。

■推薦選抜から一般選抜への流れ

①推薦選抜での普通科の合格者枠は、募集人員の10%から15%程度。内申、当日点ともに推薦格基準を満たしていれば合格。
※推薦の基準に達しなかった人は、以下の一般選抜で再判定。
②一般選抜で内申・当日点ともに基準を満たし、一般選抜の募集人員内にいる者を第一次合格者とする。
③上記の第一次合格者を除いた募集人員の残りを、各高校があらかじめ選択した下記3方式のいずれかによる評価と面接結果等を合わせて、総合判定する。
(Ⅰ)内申45×2=90点    +学力110点=200点
(Ⅱ)内申45×2=90点×1.5  +学力110点=245点
(Ⅲ)内申45×2=90点 +学力110点×1.5=255点
④第一志望校不合格の場合、第二志望校にて同様の判定を行う。
⑤合格発表日(翌日に繰り上げの可能性もあり)。

私立高校の入試システム

愛知県の私立高校は、推薦入試と一般入試があります。推薦入試を行っていない高校や一般入試を行っていない高校があるため、事前に調べておきましょう。

推薦入試の特徴

1月末に行われます。受験する学校を第一志望としている生徒で、その学校が定める一定の基準以上の学力及び能力を満たしていれば、中学校長の推薦のもとに優先的に入学を認める制度です。その学校へ入学することが前提であるため、他の学校の推薦の併願はできません。選考方法は、書類審査、基礎学力テスト(3教科が多い)、面接を実施している高校が多くなっています。中には、作文や実技、英語聞き取りテストなどを選考方法の一つとしている高校もあります。

一般入試の特徴

例年2月上旬に、3日間にわたって実施されます。推薦入試の合格決定後、全募集人数から推薦合格者を引いた数が定員枠となります。多くの高校で内申点は一切考慮されない実力勝負で、3日間、1日に1校ずつ、最大3校の受験が可能です。国語・数学・英語の3教科か、理科・社会を加えた5教科の学力で選考する高校がほとんどです。一般入試でも面接がある高校もあります。高校によって出題傾向が異なりますので、過去問題の研究が必要です。

四谷学院個別指導教室なら、高校受験対策もばっちり! 四谷学院個別指導教室なら、高校受験対策もばっちり!

太郎くんの高校受験対策カリキュラム

太郎くんの高校受験対策カリキュラム

 

個別指導風景四谷学院個別指導教室なら、高校受験の対策も自由自在!行きたい高校のレベルや傾向と生徒の今の学力を照らし合わせ、最適なカリキュラムを作成いたします。
理解が足りない部分はより多くの時間を割いて前の学年内容を復習しながら進め、またできている部分は入試レベルの問題をどんどん解いていくようにするなど、きめ細かく対応できるのは完全個別指導ならでは。もちろん高校別の傾向対策や、過去問演習などの準備もしっかり行います。推薦入試の対策も可能です。

「普段の勉強を見てほしい」という場合はもちろん、集団塾の補習として個別指導を利用される方もいらっしゃいます。個別指導なら要望に合わせた学習内容で勉強できるので、ムリ・ムダがなく、満足のいく指導を受けることができます。


まずは無料の資料請求または説明会をご予約ください。丁寧にご案内いたします。

 

説明会を予約する 資料を請求する