前の記事 » 
次の記事 » 

導入校増加?今話題のAO入試についてその特徴とメリットをまとめてみた!

  公開日:2018/03/28
最終更新日:2018/03/18

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは。四谷学院の高木です。

大学入試といえば、これまではセンター試験や一般入試でしたが、最近ではAO入試を導入する大学が増加傾向にあり、一般入試と並ぶメジャーな入試方法となっています。

今後、その存在感がますます高まっていくと思われるAO入試について、特徴とメリットをまとめてみました。

AO入試とは

AO入試とは、「アドミッションズ・オフィス入試」の略称で、学校側が求めている学生像(アドミッション・ポリシー)を基準に合否を決めるという入試方法です。

国公立大・私立大ともに、面接や小論文、志望動機や意欲、将来性などを中心に総合的に人物像を評価されます。

ただ、アドミッション・ポリシーは各大学によって異なりますし、評価する手段も大学によってさまざまです。

一般的には、書類審査が1次選考となります。

エントリーシートに記入した志望理由や学習への意欲などが、大学側が求める学生像と合致しているかどうかが審査されます。

2次選考では、小論文や面接などが課され、合否が決定されます。

AO入試は、これまでは原則として学科試験は課されていませんでしたが、近年では、学力も審査対象とする大学も増えています。

国立大学ではセンター試験を課すところが多く見られるようになっていますが、大学の模擬授業を聴かせて、その理解度を問うなど、一般的な学科試験とは異なるものが多いというのも特徴です。

 

AO入試のメリット

チャンスが多くなる

AO入試は、一般入試の前に実施されるため、万が一不合格となってしまった場合でも、一般入試を受験できるため、受験回数が多くなるというメリットがあります。

また、一般入試より倍率が低いこともあり、数字上では合格する可能性は高くなります。

そして、AO入試は学力以外の要素が重要な評価対象となるため、一般入試では合格は厳しいと思われる大学でも、合格する可能性があります。

 

モチベーションが上がる

AO入試を受ける最大のメリットは、「学ぶ意欲が高まる」ことです。

受験対策や準備をしていく過程で、「この大学で何を学びたいか」「将来はどうなりたいか」などを真剣に考えるため、その大学の良さにも積極的に注目することになります。

そのため、志望動機が明確となり、学ぶ意欲も高まるため、より強い意志を持って受験に挑むことができます。

 

部活動に打ち込んだ生徒にもチャンスがある

部活動に力を入れている生徒は、練習の疲れなどもあって、日ごろの勉強が不十分になることがあります。

そういう人にとっても、AO入試はチャンスであると言えます。

AO入試では、調査書よりも「高校で何に打ち込んできたか」という部分が重視されるので、部活動に打ち込んできたというのは大きな強みになるからです。

 

一般入試で通用する力をつけておく

最後に大事なポイントをお伝えします。

それは「AO入試だけで合格するつもりでいるのはリスクが高い」ということです。

AO入試で万が一残念な結果になってしまった場合は、一般入試を受けることになるため、一般入試で通用する力をつけておくことが前提となります。

受験生によっては、「AO入試に時間と労力をかけるべきか」というシビアな問題も出てくるかと思います。

このあたりも含め、AO入試に挑戦したいと思っている人は、塾や予備校で専門家に相談するなどして、しっかりと情報収集に努めるようにしましょう。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  アドバイス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ