前の記事 » 
次の記事 » 

大学受験で生じやすい後悔とは?失敗や後悔しない受験対策はある?

  公開日:2020/05/08


※この記事は約4分で読めます。

この記事では、大学受験で生じる後悔の種類や、悔いのない受験をするためのポイントを解説します。

高校3年の最後に自分の力を全て出し切り、清々しい気持ちでキャンパスライフに突入したい方は、ぜひ読んでみてください。

大学受験における後悔にはどんなものがある?その対策は?

多くの学生が感じる後悔には、以下のような種類があります。

勉強開始が遅かったことへの後悔

受験生に最も生じやすいのが「もっと早くから勉強をしておくべきだった」という後悔です。大学受験で問われる知識の全体像が見えない1年生の場合、「本試験まで3年近くあるのだから、まだ本気を出さなくても大丈夫だろう」といった楽観的な考えに陥りがちです。

ですが、高校の勉強は学年が上がるにつれてどんどん難しくなります。まだ余裕のある1年生のうちに基礎知識の習得や、勉強の習慣化をしておく必要があるでしょう。

得意科目と苦手科目に対する後悔

勉強を毎日続けていても、その内容が得意科目や苦手科目に偏りすぎた場合、受験の直前で偏差値が足りず、志望校を変えざるを得ない状況になることがあります。

複数科目を使って一般入試を受ける場合、トータルバランスが重要となります。ですから、現時点で既に苦手科目と得意科目が明確な場合は、そのどちらかにこだわりすぎない学習計画が必要です。

偏差値だけで大学を選んだことへの後悔

偏差値だけで大学を選んでしまうと、合格後に以下のような後悔を感じるかもしれません。

  • 面白そうな授業やカリキュラムがなかった
  • 新入生の入学準備や学生サポートが少なかった
  • 男女比などが自分のイメージと違った
  • 生活するには不便な地域だった

このような後悔を防ぐには、大学のホームページを確認したりオープンキャンパスに参加したりして、偏差値以外の情報も集める必要があります。また、他県の大学に進学する場合は、寮の有無や周辺地域の環境といった、生活につながるポイントも調べておくようにしてください。

大学受験の後悔を減らすには個別指導塾がおすすめ

大学受験の後悔を減らすには、サポート力の非常に高い四谷学院の完全個別指導コースに通う方法もおすすめです。四谷学院には、受験生の後悔や失敗を最小限にする以下のような魅力があります。

必要な勉強内容やカリキュラムの提案

個別指導を活用する最大の利点は、学習指導のプロである担任・講師が、自分に必要なカリキュラムや時間割の提案をしてくれることです。そのため、受験勉強の全体像が見えず「まだ本気を出さなくても大丈夫!」と思いがちな1年生などでも、四谷学院に通うことによって、現状に合った学習を早めに開始できます。

また、個別指導では苦手科目の克服や、得意科目の成績をさらに伸ばすといった勉強も可能です。ですから、科目によって点数や偏差値に大きな開きがあったり、予備校の集団学習が合わなかったりする方でも、個別指導なら勉強におけるさまざまな後悔を最小限にできます。

授業時間外も自習可能

四谷学院では、授業以外の時間帯でも独立した座席で自習可能となっています。こうした環境に高校1年生から通うと、自然と学習の習慣が身につき、受験前の「もっと勉強しておけばよかった!」などの後悔も生じにくくなります。

多くの仲間が学習に励む四谷学院は、自宅ではモチベーションが下がりやすい学生にもおすすめの環境です。毎日の塾通いで良い刺激を受けると、「1年生だからまだ大丈夫」といった楽観的な考えもなくなり、適度な緊張を維持しながら、毎日の勉強に励むことができます。

四谷学院で後悔のない大学受験を!

勉強以外にも多くの判断が必要となる受験生の場合、頑張って学習を続けていても、進路の選択などで後悔が生じることがあります。こうした状況下で悔いのない大学受験をするためには、情報力の高い四谷学院の完全個別指導コースで、プロによる多角的なサポートを受けるのがおすすめです。

早めに四谷学院に入っておくと、豊富な情報を使って、自分に合った大学や学部なども選びやすくなります。また、モチベーションの問題に悩む人にも、1対1、1対2で学べる完全個別指導コースは悔いなく学習できる環境となるでしょう。


 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  アドバイス  

無料個別相談会
資料請求はこちら
無料個別相談会

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ