前の記事 » 
次の記事 » 

“a”と“the”の使い分けは簡単!感覚的に違いを理解しよう

  公開日:2021/01/08
最終更新日:2020/12/28


※この記事は約4分で読めます。

“a”“the”など、冠詞は英文全体の内容に影響を与えるほど大切なものです。しかし、冠詞は日本語にはない概念なので、最も難しい英文法といわれることもあります。

特に受験において、冠詞の使い分けは英作文で避けて通ることはできません。また、穴埋め問題などで大きなハードルとなることもあります。

そこで今回は、知っておきたい“a”と“the”の違いと使い分けについて解説します。

不定冠詞“a”は不特定かつ単数のものにつく

まず、“a”の使い方を解説します。

たくさんあるもののひとつを表す不定冠詞“a”

“a”は、多数あるもののひとつを指すときに使われる不定冠詞です。人や物、場所などをあらわすときに使われますが、特定のものを指すわけではありません。

例:I went to a park.(私は公園へ行った。)

この場合、特定の公園を指しているわけではありません。もちろん、聞いている相手も、公園を特定することはできません。

特に初めてふれる話題では、対象物を特定することができないため“a”を使います。

数えられるものにしか使えない

“a”は、数えられる名詞にしかつきません。

例えば、液体や気体は数えられないため、“a”はつきません。また、チーズやケーキなども、切り方によって大きさが変わるため、“a”をつけることはできません。

ただし、“a litte ……”“a few ……”など、量を表す定型句ではよく使われるので、言い回しを覚えておきましょう。

単数形のみに使う

“a”は、数えられる名詞のうち、単数形のものにしか使えません。“a”は、そもそも“一つの”という意味なので、これは当たり前のことです。

しかし、英作文を書く際には、このような基本的なことも忘れがちです。チェックするときは、名詞が単数形かどうかもしっかり確認しましょう。

母音で始まる名詞の前では“an”になる

意外に見落としがちなのが、“an”の使い方です。

「母音から始まる単語の前は“an”」と覚えている人も多いですが、スペルだけに注意しているとミスをします。ポイントは、発音です。

例えば、“university”“euro”は母音で始まりますが、発音は子音なので“a”をつけるのが正解です。

一方、“hour”“honest”は子音で始まりますが、母音の発音でスタートするため“an”をつけるのが正解です。

定冠詞“the”は特定されているものにつく

次は、定冠詞“the”の使い方です。

特定のものを表す“the”

“a”とは異なり、特定のものを指すときに使われるのが“the”です。2回目以降にふれる話題については基本的に“the”を使うので、覚えておいてください。

それでは、先ほどの例文を使って、“a”を“the”に変えてみましょう。

例:I went to the park.

この場合、公園が特定されていて、聞き手側にもそれが伝わっていることが前提となります。

不可算名詞・複数形にも使える

“the”は、不可算名詞や複数形の名詞にもつけることができます。ここは、“a”と大きく異なる点です。空欄埋め問題で“a”か“the”で迷ったら、この点に着目するのもおすすめです。

最上級表現でつけるのを忘れないで!

忘れてはいけないのが、最上級表現で使う“the”です。

一番〇〇なものは実質的に世界に一つしかないため、特定が可能です。そのため“the”をつけます。これも忘れがちなので注意しましょう。

“a”と“the”の違いはココ!

では、“a”と“the”の違いをまとめてみましょう。

不定冠詞“a” 定冠詞“the”
不特定の人・物・場所などを表すときに使う 特定の人・物・場所などを表すときに使う
初めてふれる話題で使う 2回目以降の話題で使う
可算名詞にしか使えない 不可算名詞にも使える
単数形の名詞にしか使えない 複数形の名詞にも使える
母音の発音で始まる名詞の前では“an” 母音の発音で始まる名詞の前では発音が変わる(ðə →ðiː)
量を表す定型句でよく使われる 最上級表現で使われる

非常に細かいですが、試験直前に確認しておきましょう。

細かな部分まで知識を確実に身に付けよう!

英語を学習するうえで、“a”と“the”の違いはだれもが一度はつまずく部分です。特に英作文で“a”と“the”を間違えると、文章全体のニュアンスが変わることもあります。問題演習を繰り返し、感覚的に違いがわかるようにしておきましょう。

四谷学院の個別指導教室なら、学年に関係なく個々に応じたレベルから学習をスタート。“a”と“the”など、基礎から徹底的に学べるため、学力がどんどんアップします。マンツーマン指導なので、フォローもばっちり。理解できるまでとことん付き合ってくれます。

四谷学院の個別指導教室で、試験に活かせる本物の知識を定着させましょう。


55段階で学力UP大作戦!
四谷学院個別指導教室HPはこちら
無料個別相談会のご予約はこちら
無料資料請求はこちら
お近くの教室をお探しの方はこちら
個別指導オンライン 個別指導オンラインなら全国どこでも受講可能!
55段階で学力UP大作戦!
四谷学院個別指導教室HPはこちら
無料個別相談会のご予約はこちら
無料資料請求はこちら
お近くの教室をお探しの方はこちら
個別指導オンライン 個別指導オンラインなら全国どこでも受講可能!

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  アドバイス  

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ