前の記事 » 
次の記事 » 

夏休みの過ごし方

  公開日:2021/07/21


※この記事は約3分で読めます。

こんにちは。四谷学院八王子教室です。 いよいよ夏休みですね。

夏休みは自由に使える時間が長い分、どう過ごすかが周りとの差が付くポイントです。 そこで、今日は夏休みの過ごし方についてポイントをお話します。

ポイント1 夏休みの計画を立てよう

学校から宿題が出されている皆さん、休み明けにテストがある皆さんは、 「いつまでに課題をやるか」「いつテスト勉強をやるか」 を決めましょう。突然体調が悪くなったり、急に予定が入ったり、 計画通りにいかないこともあるかもしれません。

夏休み明け前日に終わる計画ではなく、 遅くとも始業式1週間前には終わるように計画を立てておきたいですね。

学校から特に宿題が出ていなかったり、 休み明けのテストがなくて何をしてよいか分からない皆さんは ①苦手単元の克服、②習った範囲の復習、③得意分野の応用演習 の順番で計画を立ててみましょう。

ポイント2 苦手単元を克服しよう

苦手な単元は、ついつい勉強が後回しになってしまいがちです。

夏休みは学校の授業がない期間なので、 苦手を集中的に克服するにはもってこいの期間です。苦手をそのままにしておくと、他の単元の理解に影響する場合が多いです。といっても、なかなか苦手科目の勉強は気が進まないですよね。そんなときは、個別指導の夏期講習がおすすめです。苦手になってしまった原因やつまずくポイントは人それぞれです。

苦手を克服するには、つまずいているポイントを徹底的に埋めていく必要があります。そのために効果的なのが個別指導です。

四谷学院の個別指導は1セット80分×4回なので、 おおよその単元は1~2セットで確認ができます。

夏休み中に不安な単元をつぶして、夏休み以降の学習につなげていきましょう。

ポイント3 生活リズムを保とう

学校が休みだとついつい夜更かししてしまったり、朝起きるのが遅くなってしまったりしてしまいがちです。

生活リズムが乱れると、昼間勉強していてもぼーっとして頭に入ってこなかったり、睡眠をとっても起床時にすっきりできなかったり、不調をきたしてしまいます。そして一度崩れてしまうと戻すのには時間もかかります。

せっかく自由に使える時間が多い夏休みがもったいないですよね。生活リズムが乱れないようにするためのポイントは次の3つです。

①朝決まった時間に起きる

②起きたら日光を浴びる

③寝る直前にスマホやPCをいじらない

以上3つを意識して、学校がある日と同じようなスケジュールで過ごすようにしましょう。

最後に

今回は夏休みの過ごし方についてお話しました。ぜひ参考にして有意義な夏休みを過ごしてください。

次回のブログもお楽しみに。


55段階で学力UP大作戦!
四谷学院個別指導教室HPはこちら
無料個別相談会のご予約はこちら
無料資料請求はこちら
お近くの教室をお探しの方はこちら
個別指導オンライン 個別指導オンラインなら全国どこでも受講可能!
55段階で学力UP大作戦!
四谷学院個別指導教室HPはこちら
無料個別相談会のご予約はこちら
無料資料請求はこちら
お近くの教室をお探しの方はこちら
個別指導オンライン 個別指導オンラインなら全国どこでも受講可能!

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  八王子教室  

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ