前の記事 » 
次の記事 » 

計算ミスを防ぐための工夫とは?

  公開日:2021/02/12
最終更新日:2021/02/09


※この記事は約1分で読めます。

テストに向けてばっちり準備していたのに、計算ミスをしてしまって、悔しい思いをしたことがある方は多いと思います。

今日は、計算ミスを減らすノートづくりと、実際に取り組んでいる生徒の変化を紹介します。

ノートづくりの目的は、自分の間違いやすいポイントをはっきりさせて、次に同じミスをしないということです。

まとめる内容は、以下です。

  1. 間違えた問題の正答と誤答を比較(どこを、どう間違えたのか)
  2. 考え方のポイントをまとめる(類似問題を解くときに、応用させるため)

実際に、計算ミスが課題である生徒が、2学期から間違いノートを作成し続け、(週1回 提出)この間の冬休み明けテストで「単純な計算ミス0!」「目標得点80点越え」を達成することができました。 日に日にノートのまとめ方が上手になり、自分が計算ミスを減らすためにできる工夫のポイントを少しずつ増やすこともできるようになっています。

《計算ミスの変化》

1学期期末 3問ミス(9点失点)
2学期中間 3問ミス(12点失点)
2学期期末 1問ミス(4点失点)
冬休み明け 計算問題満点

間違いノートは、計算ミスだけではなく、どの科目でも効果的です。 時間をかけすぎずに、まとめてみてはいかがでしょうか。


55段階で学力UP大作戦!
四谷学院個別指導教室HPはこちら
無料個別相談会のご予約はこちら
無料資料請求はこちら
お近くの教室をお探しの方はこちら
個別指導オンライン 個別指導オンラインなら全国どこでも受講可能!
55段階で学力UP大作戦!
四谷学院個別指導教室HPはこちら
無料個別相談会のご予約はこちら
無料資料請求はこちら
お近くの教室をお探しの方はこちら
個別指導オンライン 個別指導オンラインなら全国どこでも受講可能!

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  八王子教室  

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ