前の記事 » 
次の記事 » 

子供の目標をかなえる!個別指導塾の適切な選び方とは

  公開日:2019/03/15
最終更新日:2019/02/20

※この記事は約5分で読めます。

「成績をアップしたい!」「志望校に合格したい!」というお子さんの目標をかなえるために、個別指導塾の存在は強力な後押しとなるはずです。しかし、個別指導塾は適切な選び方をしないと、成績アップどころか勉強のモチベーションが下がる原因になりかねません。今回は、個別指導塾の種類と適切な選び方についてご紹介します。
 

個別指導塾にもいろいろな種類がある

個別指導と一口にいっても、指導方法やカリキュラムなど、いろいろな種類があります。個別指導塾に通うにあたり、以下のポイントをチェックしましょう。
 

講師に対する生徒数と指導方法 

個別指導塾は基本的に少人数制ですが、講師が受け持つ生徒の人数に差があります。生徒1人の完全個別指導、生徒2人、4名程度の3種類があり、生徒数が多いほど料金が安くなるのが特徴です。
 
また、完全個別指導では1からすべてを指導しますが、複数人を指導する場合は演習問題のテキストを解く間に、講師が巡回して指導する方法になります。
 

教育理念 

教育理念はそのまま指導内容に通ずるため、その内容に共感できるかどうかを知ることが大切です。大手個別指導塾において、以下のような内容が教育理念として掲げられています。

  • 自分が持っている才能を伸ばす
  • 学力、やる気の向上
  • 目標に向かう力を養う
  • テストで結果を出す
  • 自立心の確立

 

ターゲット 

個別指導塾をおおまかに分類すると、高校生や浪人生を対象とする「受験対策型」と、学校の授業内容をフォローする「補習型」があります。勉強する目的に合わせたカリキュラムを基に勉強するため、どちらに適しているかを見極めなければなりません。
 

講師の質 

講師の質はお子さんの学力と成績に直結するため、いかに良い講師に教えてもらえるかが重要です。大学受験を目指す場合、高い指導力に加え、生徒の合格実績などもチェックするといいでしょう。
 

塾の間違った選び方 

塾に通うことを考えた場合、間違った選び方をすると思うような成果が得られない可能性があります。塾を選ぶ際は、以下のポイントに注意しましょう。
 

友達と同じところ

友達が通っているから、という理由で塾を決めるケースは多く見受けられます。しかし、塾の指導方法が合わない場合もあります、そもそも現在の学力や指導に対する理解度などが、友達と一緒とは限りません。また、友達と一緒に塾に通った場合、塾が友達に会いに行く場所になることも珍しくありません。塾に通う本来の目的を見失うことも多いため、塾は1人で通うものと心得ておきましょう。
 

知名度のみで選ぶ

全国展開している大手の塾は、高い知名度とブランド力を持っていることは事実です。しかし、大手の塾はフランチャイズ展開をしており、教室によっては指導者の質が低いケースも考えられます。知名度だけで選ぶのではなく、授業の様子を見学できる説明会に参加してから検討するのがおすすめです。
 

家から近いところ

塾が遠い場所にあると送り迎えをする必要があるため、自宅の近所で探す人もいるはずです。しかし、近所にある塾の指導内容やレベルが自分に合っているとは限らないため、安直な理由で決めるのは避けましょう。

また、塾は勉強するための環境であり、自宅から近すぎると気持ちの切り替えができないケースもあります。
 

個別指導塾の正しい選び方

個別指導塾を選ぶ際は、以下のポイントを踏まえて検討しましょう。
 

指導カリキュラム 

集団指導とは異なるカリキュラムが個別指導塾の魅力ですが、カリキュラムの立て方は各社で異なります。お子さんに不足している学力と目標に応じて、よりきめ細かい指導カリキュラムを立てられる個別指導塾かどうかを確認しましょう。

たとえば、弱点を集中的に指導する、テスト前に対策授業を行う、偏差値の高い大学合格を目指す、といったより具体的で実践的なカリキュラムが理想的です。
 

塾や塾長の教育方針 

志望校合格や成績アップはもちろん、お子さんの成長をより考えた教育方針を持つ個別指導塾がおすすめです。生徒の意欲向上や自分で考える力を養うなど、社会人になってからの将来を見据えた教育方針は大いに役立つでしょう。
 

どんな講師がいるか

講師との相性は塾の勉強に大きく影響することから、どのような講師が指導にあたるかを確認しておきましょう。個別指導塾では複数の講師が在籍することが一般的で、専任の講師から大学生のアルバイトまでさまざまです。説明会に参加し、講師の雰囲気や指導方法を自分の目で見てチェックするといいでしょう。
 

どのような学習スタイルか 

1人の講師が複数の生徒を指導する個別指導塾では、通常の授業の他にさまざまな学習スタイルが用意されています。大学受験対策でいえば、一流講師による映像授業、オンラインでの個別指導、集団指導と個別指導の組み合わせ、スマホ学習などが挙げられます。学習スタイルが幅広いと、より勉強がはかどる効果が期待できるでしょう。
 

使用されているテキスト 

個別指導塾ではマンツーマン指導を除き、1人の講師が複数の生徒を指導することになります。そのため、指導を受けていない間は塾のテキストを使用して勉強するのが一般的です。テキストは塾がオリジナルで開発したものもありますが、生徒の学力や理解度に合わせてよりわかりやすく工夫されている個別指導塾が望ましいでしょう。
 

まとめ:チェックすべきポイントを押さえて最適な塾を選ぼう

お子さんに合った塾を選ぶ場合、チェックすべきポイントを確認することが重要です。何となく選んでしまって失敗すると、せっかくかけたお金が無駄になってしまいます。お子さんにとって本当に最適な塾かどうかを、説明会に参加して見極めることをおすすめします。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  個別  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ