前の記事 » 
次の記事 » 

タイマーを使って、勉強効率UP!

  公開日:2021/05/21


※この記事は約3分で読めます。

こんにちは。四谷学院あざみ野教室です。
今日は、タイマーを使って、勉強効率UPする方法をお話していきます。

「勉強しないといけないのになかなか集中できない」「ただ机に座っていることが多い」といった悩みを抱えているのではないでしょうか。学校・部活・睡眠などの時間を考えると、勉強する時間が少ない!だけど集中して効率的に勉強したい!という人にオススメなのが「タイマー勉強法」です。タイマーを使用して勉強を行うと、勉強と休憩のメリハリがつけやすく、これまで以上に集中して効率的に勉強できるようになります。

タイマー勉強法のやり方

①1日の勉強時間を決める。

②1回の勉強時間と休憩時間を決める。

③タイマーで時間を測りながら、勉強と休憩をする。

たったの3Stepだけです!簡単ですね。 これから、具体的な方法をお伝えしていきます。

①1日の勉強時間を決める。

タイマー勉強法は、ここで設定した勉強時間を集中して行うための勉強法になるので、目標にしたい勉強時間を設定しましょう。

目標時間は、各学年の平均学習時間です。目安にしてみましょう。

〇高校1年生      : 2時間

〇高校2年生     : 3時間  

〇高校3年生・高卒生 : 6時間40分

②1回の勉強時間と休憩時間を決める。

タイマー勉強法は、勉強と休憩を比較的短いスパンで繰り返すことで、集中力を持続させるという勉強法になります。1回の勉強時間を長くする必要はありません。1回の勉強時間は30分~60分がオススメです。自分にとってのベストの時間にしてください。  休憩時間は、30分につき5分が目安です。長すぎるとだらけてきてしまうので、注意しましょう。

③タイマーで時間を測りながら、勉強と休憩をする。

ここまで決まったら、実際にタイマーを設定して勉強しましょう。

 最重要なポイント2点。

(1)タイマーを設定した時間内では絶対に集中して勉強をやりきること。

(2)休憩時間もしっかりタイマーで測って、時間をオーバーしないこと。

勉強時間が問題を解いていて多少オーバーすることはあるかもしれませんが、休憩時間をオーバーするのは、絶対NGです。タイマーが鳴ったらすぐ切り替えをしましょう。

注意したいこと

①スマホは使わない。

スマホのタイマー機能は絶対使わないでください!スマホを触ってしまうと、それだけで集中力が乱されてしまいます。YouTubeやTwitter、LINEなど気になるものがたくさんありますからね。

②無音機能付きタイマーを選ぶ。

四谷学院の自習室や図書館では音は出せないので、勉強用の無音機能付きのタイマーを選ぶようにしましょう。音ではなく、光の点滅や振動で時間をしらせてくれるタイマーもあります。

最後に

いかがでしたか?今回は、タイマーを使って、勉強効率UPする方法をお話してきました。

時間を意識しながら勉強することで、集中力・緊張感が途切れにくく、勉強管理がとてもしやすくなるというメリットもあります。是非「タイマー勉強法」を試してみて下さい。 次回は、「伸びる生徒とは」をお伝えします。

次回ブログもぜひチェックしてみてください。


55段階で学力UP大作戦!
四谷学院個別指導教室HPはこちら
無料個別相談会のご予約はこちら
無料資料請求はこちら
お近くの教室をお探しの方はこちら
個別指導オンライン 個別指導オンラインなら全国どこでも受講可能!
55段階で学力UP大作戦!
四谷学院個別指導教室HPはこちら
無料個別相談会のご予約はこちら
無料資料請求はこちら
お近くの教室をお探しの方はこちら
個別指導オンライン 個別指導オンラインなら全国どこでも受講可能!

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  あざみ野教室  

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428255)にて承っております。

このページの先頭へ