四谷学院個別指導HOME  >  中学生コース  >  講師

中学生コース

講師

わかりやすくて夢中になる、教えることが大好きな講師が指導します

厳しい審査基準をクリアした講師講師としての適性を見極める50項目もの厳しい審査をクリアした講師のみが授業を担当いたします。充実した講師研修も少人数で徹底して行っていますので、人間性・指導力ともに高いレベルです。
また高い学力を備えているのはもちろんのこと、教えるのが好きな熱心な講師が授業を担当します。学力が伸びるには、嫌々やるのではなく「わかる→できる→もっとやりたい」と勉強が楽しくなることが不可欠です。加点法で褒めて伸ばす指導を実践しています。 講師はニーズに合わせてプロ講師、難関大学生講師から選択が可能です。
※学年や教室、科目などの条件によってはプロまたは大学生の選択ができないケースもございます。ご希望の教室までご相談ください。

プロ講師
大卒以上の高学歴講師で、四谷学院のプロ講師試験を通過した先生たちです。予備校で集団指導をしている講師もおり、特に難関大学受験対策を希望している方にお勧めです。

難関大学生講師
予備校四谷学院で学んで国公立大学や有名私立大に合格した卒業生がメインで、55段階の楽しさや成功体験を伝えていきます。

講師に対する指導や、スタッフによるチェック体制も万全です

講師に対する指導や、スタッフによるチェック体制家庭教師や個別指導など、マンツーマンの理想的な環境で勉強しているのに、学力が伸びないという声がよく聞かれますが、その一番の原因は「指導に一貫性・計画性がない」ためです。塾によっては授業時間が始まってから「今日は何を勉強する?」と生徒にたずねるケースもあるほどで、これでは同じことを何度も学習してしまったり、重要な部分の学習がおろそかになったりしてしまうのは当然です。

 

四谷学院では講師まかせの授業にせず、先生に対しての指導もしっかりと行っています。綿密な学習計画に沿って授業を進め、場当たり的な指導が行われないようにしているほか、先生がいつも親身に指導しているか、真剣に指導しているかを指導現場でチェックしていることも大きなポイントです。
また講師の選定は、教室長が学習カウンセリングの結果をもとに慎重に行いますが、万が一変更のご希望があれば何度でも無料で変更できます。

講師からのメッセージ

一人ひとりに寄り添った授業を。

 

勉強とは、目標は同じでも、それを達成するまでの過程、方法は一人ひとり異なるものです。何が得意で何が苦手か、目標を達成するために何が必要か、ということは自分自身を理解しなくては決して解明することができません。
四谷学院の個別指導は、一人ひとりに対する丁寧な指導と、細かくカテゴライズされた自らの学力を分析しやすい教材で、生徒に寄り添った授業を実現できます。
このような授業を受けることで、日々の勉強を「なんとなく分かった気になる勉強」から、「基礎から着実に固め、一歩ずつ応用にステップアップできる勉強」に変えることができるでしょう。生徒一人ひとりが勉強を楽しむことができるよう、全力でサポートします。

 

 

「分かる」を「できる」に。思考力を磨こう。

 

私自身が受験勉強を通して痛感したことの中に、「分かる」と「できる」は違うという事実があります。講義を通して、あるいは解答を見て「分かった」のに、いざ問題に取り組むとできないのです。勉強をするうえでは「なるほど!」と思った知識を頭の中の引き出しにいれたあとに、それをどのような場面で、どのように使うのかという思考力を磨くことが大切だと考えています。しかし突破口となるポイントに気付いたり、もっと効率が良い、あるいは、より合理的な考えまで自力でたどり着くのは難しいことですし、時間がかかることもあります。個別指導では、一人ひとりの考え方のクセや、つまづくポイント、理解の浅いポイントに合わせて対応し、サポートすることができます。
「なるほど!」「分かった!」を大切にしながら、正解に近づいていく問題解決能力、論理的思考力を身につけていきましょう。

 

 

解答に根拠を。

 

大学で、あるいはそれ以降の社会で求められるのは、直面した問題に根拠を持って対応するということです。これは受験においても非常に重要となります。なぜなら、試験問題の答えには必ず根拠があるからです。つまり、自分自身で根拠を見つけ出すことができるようになれば、自ずと成績は上がるでしょう。
四谷学院では個別指導の利点を生かし、単に講師が生徒の皆さんに知識やテクニックを教えるだけでなく、生徒の皆さんが主体となって、自らがどのように考えどのような結論に至ったのかを講師に説明してもらいます。また、それに対して講師がアドバイスをするという双方向的な授業で、より深い知識の定着と論述力の強化をサポートします。

 

 

△このページのトップへ